RaitaのFerrariの愛し方 愛され方

古き良きフェラーリ好きが語る〜とびっきりのクルマやバイクへの想い

国家試験 合格発表を忘れるほど多忙……2月の試験が令和2年度分のラスト試験

昨年11月に受験した国家試験の合格発表が、先日ありました。


この資格の合否をずっと気にしていたのに年明けから次の試験勉強にバタバタしてて、

うっかりしてました。


令和2年度の合格率は、

大体、30%だったようです。


自分の受験番号を確認して、

ネットで合格発表を見てみたら……


おー!番号、有りました!合格してました。


あー、もうこの資格の試験勉強はしなくても良いんだ!!

そういう安堵感に満ち満ちてきます。

私の試験地域で、

大体1000人くらいが受験して、

残念ながら700人が落ちた。

でも、私は合格者の300人に入れた。

初学で独学で初受験で一発合格!

複数の資格を受け、一次二次を合わせた試験回数は通算7回、

これで7回連続の合格ゲットだぜ。


これから堂々と自分が無資格者と語れる。

実は有資格者だけど、無資格のふりをする。

それで良いのです。資格は隠しの切り札。



実はこの試験は、今年度はかなり難易度が高く感じられ、

私も試験当日は相当苦戦しました。

これはヤバイ、落ちたかも…と思いました。


合格出来たのは多分ギリギリだったと思うのですが、

それでもギリギリで合格したのは、

かなり深掘りして勉強してきた賜物ではないかと。

適当にやっていたら、多分ギリギリラインで不合格だったことでしょう。


やっぱ、不合格だとショックでかいですよ。

そうなりたくないから、必死で勉強した。

絶対にそうなりたくなかったから。。



さてさて、次の試験は2月。

これで通算8回目の試験です。

昨年10月に一次学科試験を受験し、

ぶっちぎりで一次試験を合格し、

その資格の二次記述試験であります。


試験まであと30日くらいしかない。

もう結構、頭ん中に入ってきました。

1月中に残りの詰め込みを完全に終わらせて、

2月から試験前日まで、

記憶の反復繰り返しや、

試験用紙を使った本番を想定した練習をやり、総合的に絶対合格圏内へとまとめていきます。


次の2月の試験も絶対に落とせねぇ……。

試験に落ちるわけにはいかんのだ。

でないと、今までの努力が無駄になってしまう。


令和2年度は、

3つの国家資格を取得する為に、

同時進行で結構、頑張りました。

コロナの影響もあり、試験スケジュールもメチャクチャになってしまい、

勉強が二度手間になり、これがまた大変であったわけです。


年一回しかない試験で3つの国家資格を早く取りたい場合、

1年に1資格受験だけだと3年も掛かってしまうので、

それじゃまどろっこしい!ってわけで、

せっかちな性分ゆえの三資格同時勉強でした。


次の2月の試験が終われば、

令和2年度受験分の三資格同時取得が叶うか否か、

やっと全ての結果が出ることになります。


先日の合格発表で、1つ目は合格確定。よっしゃ!!

2つ目は二次試験も既に受験済、

3月頃に合格発表があります。それで確定。

これも多分、合格してるはず。

3つ目は2月に受けて、6月が合格発表。


まー、試験受けたときの手応えで、

合否は自分の中で大体わかるんですけどね。


有言実行で、令和2年度分の国家資格取得は全て合格で終わらせたい。



そしたら、次だ。次へ、いくぞ。

本丸となる次の国家資格取得に向けた勉強開始だ!


出来れば令和3年度か、遅くとも令和4年度の試験を受けれるよう、知識を整えていく。

既に準備を始めてます。


とにかく、

初学 独学 初受験で一発合格が目標。

昭和43年生まれ、齢52歳

何故だか、記憶力は今が一番冴えている。


試験はゲーム感覚

勉強は娯楽感覚


資格試験は合格でゴールという明確さが面白いし、手離れも良い。

二度手間は嫌なので試験は一回で終わらせたい。

ただそれだけのためにがむしゃらに勉強する。


あと何年、勉強するのか?!

多分、国家試験に向けた試験勉強なるものを自分が出来るうちは、

生きていくために続けていかねばならんでしょう。


なんか得することあるんかいな……。

それでも、生きてきいくための何かの武器になる事を信じて。


とにもかくも、

自己評価はめちゃくちゃ低い私。

たとえ、有資格者であっても、

無資格者と大して変わらん。そんな感じです。

そこそこ難しい国家資格の取得が、

誰かが客観的に見て、それが私の評価になればやはり幸いなのである。





.




令和2年度分の 国家試験…最終コーナーで気を抜くな!

令和2年度分として受験する最後の国家試験まで、あと36日間しかない!!


オーマイゴット!なんてこったい!

早くまとめなければ!


私が受ける試験は、

受ける以上は絶対に不合格になるわけにはいかない。


楽勝ムードだったのものの、

お正月休みを過ごし、

少しだけ気が抜けてしまったか、

なかなか上手く勉強がまとまらない。

現状まだまだ、どうにも中途半端。


合格するだろう ではなく、

試験当日までに、

絶対に合格できる!という所まで必ず持っていく。

現時点で7〜8割程度。あと2割程度で完成。

いつも通り、満点取れるくらいまで頭に叩き込む。


あと36日間しか無いんじゃ、そろそろケツに火がつくよなぁ〜。



1月末までに残りを終わらせて、

2月から試験前日まで、頭への叩き込みとまとめ演習を繰り返し繰り返しやる。

まさかの不合格がチラつくが、

ここまで7回、試験は全部合格、次は8回目、

次もあるんだ、ここでつまずくわけにはいかねぇ。


2月の試験が終わったらすぐに、

来年7月に受ける国家試験の勉強を開始する。

勉強量が多い為、令和3年はこの資格一本集中で勉強する予定。


今年2月からの僅か5ヶ月間では合格率10%の国家資格の合格圏内は難しいだろうか??

やっぱ無理だろうなぁ〜。

いやー、どうかな〜、ホントに無理かな〜。

勉強を始めてみないとわからないけど。


ゆえに、来年7月、つまり、令和4年度7月に受験するほうがまだ確実。

初学であり、資格学校にも頼らない独学、

初受験で一発合格したい。

まずは一次学科試験の突破を狙う。


勉強期間を今までの資格勉強よりも多めに取って、

この資格の試験勉強一本集中で、

約1年6ヶ月間、試験勉強してみるってことだぁね。









.


2021年も悲しいかな…フェラーリ売却活動!

私の所有している328GTS、

ディーラー車赤/黒皮 走行9.3万キロ 即決800万号。


328の売却を考えていますが、

まとまる話がなかなかありません。

端的に主たる原因は売却金額だと思います。


とすれば、そうなのです。

個体の情報とは、

色、仕様地、走行距離、そして金額……

これだけで良いのです。

大前提として、普通にエンジンが掛かって、

大きな違和感がなく普通に動けばオッケー。

とにかく、金額だ。

そして、走行距離。

どんなに愛情をかけ、現状が絶好調であったとしても、

不動で屋外に放って寝かしてました…ってな、いわゆるボロボロ車両とそんなに大した差はないのです。


歴代所有者の個体ヒストリーや、

私がこれまでにどんな維持をしてきたか、

過去の整備歴、タイベル交換の有無等、

その辺りはあまりセールスポイントにはならない…と[達観]せざるを得ない。


うーむ……。

もはや、諦めの境地ですなぁ〜。


色、仕様地、走行距離(日々若干増えるけど)は変えようがありませんが、

金額だけは変えることができる。


売却をまとめるには、購入者層の琴線に触れる売却金額を設定すれば良いのです。

ですが、

あまりに大きく安売りしてしまうと、

なんだか損したような気分になってしまうことに、なんとも抗えないのであります。


又、初フェラーリ購入層は特に、

とにもかくも、走行距離が少ない物で尚且つコンディション良くて安い物を欲しますので、

私の当該328GTSはそういう選択肢からは外れてしまいます。


まあまあまあ、

それでも私の328GTSやその維持や接し方をご評価下さるお方もいて、

この一年で2度ほど真剣な商談があり、

600万円を超える、私もそこそこ納得できる金額や条件面をご提示頂きましたが、


様々な折り合いの結果、

私がちょっと附に落ちない点が出てきたり、

最終的には金額面で折り合い付かず…だったのでした。


なんのかんの言ってもまぁ、

売り手も買い手も当然のことながら、

結局は金額の高い安い次第なんですよ。


いずれにしても、

今後も328GTSは売却の方向で動こうと思っているわけで、

残念ながら、フェラーリへのモチベーションも10年前と全く同じ…とはいきませんや。

今のように、売ろうと思ってる時点で、

我が328GTSへの裏切りに他ならないのです。

非常に申し訳ない気持ちで一杯なのであります。


はてさて、

個人向けに手放すか、

それとも業者向けに手放すか、

結局、誰も手を挙げないか、金額面折り合い付かずで、

多分、どちらも難しいのではないか?と予想致します。


まー、いざ買うとなりゃ、

相場の時価1000万円のフェラーリも、

いざ個人が売るとなりゃ、嫌な相手にも中途半端な金額でも手放す気にもならず、

部品取り車にするのも忍びない。

ならば、結局のところ、

売る売る、しかし売れずの価値0円です。


それなら普通に潰してしまう廃車にしたほうが良くないかい?!


「潰してスクラップにしてください!」の廃車なんて現実的なんですかね?!

絶対、転売しそうだなぁ〜。

だったら、自分で潰すかぁ〜。自死だなぁ。

まあまあまあ、

処分の最終的判断は行き着くところ、

そんな感じなのかもしれませんね。


海外だとフェラーリ328GTSも、

相場的にはそこそこ評価されてると思うんですけどねぇ……。


ハッキリ言って、

私はこの手のフェラーリオーナーとして、

もはや失格。もう所有するべきではない。

もう帰れない所まで踏み込んでしまってる。


サッサとやめてしまえ!見苦しい!

でもね、私もいろんな葛藤にずっと苦しんでいる。

別に売らなくて良いのなら、ずっと乗っていたいさ…フェラーリ328GTSよ。

まぁね、日々そんな自問自答ばかりなのです。








.



新年明けまして夢心地…85'テスタロッサ 対 88'テスタロッサ

このブログをご覧の皆様、

新年明けましておめでとうございます。


フェラーリに纏わる悲喜交々を綴る当ブログですが、

毎日100名近くのご訪問があり、いつもお引き立て頂きましてありがとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


さて、新春一発目のフェラーリ


今や公道で見ることすらあまり無い超初期型のテスタロッサと、

少しだけ走りに行って参りました。


f:id:Raita:20210105125338j:plain


1985年式テスタロッサ……

私の知る限り、こいつは、

国内に初ロットで入ってきたヨーロッパモデル個体を母体にしたコーンズディーラー車、

9台のうちの1台であります。


[テスタロッサ]についてご説明しますと、

大まかに三種あります。

いわゆる初期型のワンミラーでセンターロックのテスタロッサ

その次にミラーが2つになったセンターロックのテスタロッサ

これはまぁ、流れ的に中期型とも呼べるでしょう。

そのあと、いわゆる後期型5穴ホイールのテスタロッサになります。


又、いわゆるコーンズ日本仕様、ヨーロッパモデル、アメリカ向け(いわゆるUS仕様)及び、

年式が変わるごとにKジェトロや、

エンジンや外観等にも様々な違いがあります。

あと、

テスタロッサは年式違いでボディライン等々に微妙な違いがあるのも特徴です。


特に初期型と最後発のテスタロッサ個体(特に90〜91年式辺り)はだいぶ違うように感じます。

テスタロッサのボディラインの違いで特に特徴的なのは、

リアフェンダーの抑揚やエッジの違い。

端的に言えば、抑揚がより膨よかでダックテールのエッジも鋭い。

85〜86がその艶かしさはより強烈で、

87〜88はそれを踏襲しつつ、やや甘いボディラインになってる。

それを感じ取れると89〜91と後発年式になるにつれ、膨よかさはややスレンダーなものになっていることがわかる。


違いのわかる人には、

リアフェンダー部分を見るだけで初期中期と後期、年式で言えば85〜86と90〜91の違いは割と容易に識別できるでしょう。


あと、

普通にはほぼ流通していない1984年式(2ヶ月程度しかない為)、或いはいわゆる初期型の1985年式は、

フロントフードの突っ先のチリが大きく、

フードの突っ先が少し浮かんでるように見えるのが1985年式の特徴です。


チリの揃いを見る普通車的な目利きだと、

これ、事故車?なんか修復とかしてる?って思うけど、

(1984)1985年式テスタロッサだけはこれで正常です。


エンジンとか下ろして諸々の整備をして仕上がったばかりの1985年式テスタロッサを、

今回、試乗させてもらいました。


走行距離も1万キロ台と少なく、時価3000万円ってところですかね。

3000万円応談で売却希望のようなのです。


私は初期型テスタロッサの試乗は初めてです。

まず、運転席に座ってすぐに気付きました。

1985年式テスタロッサはシフトゲートの形状が違う。

ゲートの切り欠きが短く、ストロークが短くなってます。

あっ!そうだった!シフトゲートの違いのことを久しぶりに思い出しました。


クラッチもド新品に交換済み。

あー、クラッチ新品だとこういう感じなのかぁ〜。なるほど〜。

シフトゲート形状の違いのせいか、シフトもカチっと固めに決まり、なんだか新鮮な感じです。


僅か数分で85'テスタロッサの運転に慣れ、スイスイと動かしていきます。

うーん、乗りやすい。乗りやすいぜよ。


マフラーはテールエンドが丸く巻き込んである初期型のみが持つ純正マフラー。

基本的にテスタロッサのマフラーノーマルは割と静か目なので、

カニカルサウンドのみが室内に聞こえてきます。


f:id:Raita:20210106061636j:plain


1991年式のテスタロッサ ヨーロッパモデルの純正マフラーの個体を高速道路で長く試乗したことがありますが、

91'テスタロッサはもっと静かだったので、純正マフラー同士でも

85'テスタロッサのほうが少し音が大きめかな?!なるほどね。

内装も新車みたいに綺麗だから、Gパンで粗相しちゃいそうで怖い、怖い。

エンジンも好調に仕上がっている感じで、

ブレーキも効くし、

諸所にお金もめちゃくちゃ掛かってるし、

オーナーであれば、思う存分にかっ飛ばせるテスタロッサに仕上がっている印象でした。



時価3000万円の85'テスタロッサですので、

速さを試すような走らせ方はせず、

じっくりと濃縮な短時間で試乗を終えました。

いやー、これは夢心地だわ。

ワンミラーテスタロッサ

もしあの時、私がレイトンハウステスタロッサを買っていたら、

これを味わっていたんだなぁ…と、しみじみ。


しかしまぁ、自分のテスタロッサに乗り込んだ時の安堵感ったらなかったです。

私の88'テスタロッサ時価1500万円応談くらいなので   (笑

高くなったなぁ〜、テスタロッサ

そして、テスタロッサの現役ランナーは本当に減ってしまった……。


まだまだ走り足らないということで、

二台のテスタロッサで遠回りのルートを通りながら流れ解散。


ノーマルサウンドも良かったけど、

私はテスタロッサのケーヒッヒサウンドは、まだしばらくはやめられそうにないなぁ〜。





.


(328に乗る 12/30) 328快走!

フェラーリに乗る機会が、

1ヶ月に一度くらいになってしまいました。

せめて、2週間に一度くらいは動かしてやりたいのですが…。


テスタロッサはオイル交換で直近、動かしましたから、

今度は328に乗る番です。


というわけで、

328GTS 走行9.3万キロ即決800万円号で出撃です。

バッテリーはビンビンに元気よく回りました。

とりあえず、エンジン冷間から機関等々の様子見しながら、慎重に走り出していきます。


異音異臭の有無…そして、感じ取れる全てに違和感はないか??


1ヶ月ぶりの稼働、機関冷間ひえひえ、

この手のフェラーリのそんな走り始めは、

よちよちの赤ん坊みたいなもんです。

丁寧に優しく、神経を研ぎ澄まし、全てを労わる。


まあまあまあ、

概ね大丈夫そうですね。

油温80度、水温75度。オッケーですね。

ほえほえの乗り味も走り込んで温まるうちに少しずつシャキッとしていく。


今回は高速道路を交えた、ちょい遠回りコースにいたしましょう。

f:id:Raita:20201231092805j:plain


カリバー買取3万円にしかならなかったAW11scの4A-GZエンジンも素晴らしいエンジンフィーリングに感じましたが、


フェラーリフェラーリでやはり独特ですね。


あれー?328の音って、こんなに気持ち良かったっけ??

さらに、吹け上がりっぷりも実に高質で重厚で濃厚。


まー、ヤマハの関わった名機4A-Gよりレスポンスは悪いけど、

ディーラー車のF105C-040エンジンもなかなかどうして侮れんわい。


その日、乗る時間が長くなるほどに、

328が持つ最上のフィーリングへと変化していきますね。


それを感じるのもまた喜び。

何もトラブルが起こらないことの安堵。

328ならではの気持ち良さを感じられるのがまた嬉しい。



AW11sc ガリバー買取3万円で放出号に乗っていたせいか、

328の乗り方が今までよりも妙に荒っぽくなっちまう。

いかん、いかん。

フェラーリに乗るときはフェラーリのことだけを考えて、

フェラーリの乗り方に集中しよう。


そんなこんなで、無事に帰還。

いやー、快走でした。

328GTS 走行9.3万即決800万円号、

いやいやどうして、この素晴らしき世界。



さてさて、

次回出撃は1月3日あたりかな。








.

(気になる動画) 328 GTB turbo vs 近代フェラーリ

https://m.youtube.com/watch?v=xm7TTADndJQ&t=2124s


YouTubeに面白い動画が公開されていました。

土屋圭一さん、好きだな〜。


カープライム  [新旧  フェラーリ V8ターボ対決!]


私も、この動画はさらっと少ししか見てません

近代フェラーリは何のモデルなのか、

見ても全然わかりませんでした。




さて、本日日曜、これから、

328GTS 走行9.3万キロ即決800万円号で出撃してきます。


帰ってきたら、夜、じっくりと

この動画を視聴致することに致しましょう、






.

(気になったNEWS) 世間から見えるテスタロッサ

https://news.yahoo.co.jp/articles/9c5ff4e47a04dd7549748c3ccd2603cbc2642e4d?page=1


yahoo!ニュースに面白い記事がありました。


さらにコメント欄を読むと、

テスタロッサというフェラーリに対する

世間の視線というか視点というか、


なかなか興味深いです。


テスタロッサも512TRも良いです。


市場価格は、

一時期の超強気相場とまではいかないものの、

普通コンディション個体はある一定の金額で横ばいか、

低走行個体はやはり強気な値付けに感じます。


市場を見るに溜息しか出ませんが、その反面、

この手の古いフェラーリはいざ売るとなると、

なかなか売れないし、


普通コンディション個体は、

売却値と市場価格との落差は大きいでしょう。


低走行個体は、

その優位面、高めの価格を提示したくなるでしょうから

相場の上限を付けたがる。


なるべく安くて良い物を狙う購入層よりも、

金額は高くても希少年式や低走行個体で良い物を欲する購入層のほうが、

実売は決まりやすいように感じます。


512TRは市場売り個体が現在4〜5台以下と、

明らかに激減していますが、

テスタロッサのほうはまだ10数台程度とテスタロッサの売り個体自体は512TRよりは多い。

テスタロッサも直近、20数台近く売り個体が有りましたが、

高過ぎて売れないのか、本当に売れたのかはわかりませんが、

やはり、売り個体自体は減ってはきていますよね。


テスタロッサ(20数台→10数台)も512TR(10数台→4〜5台以下)も、

現在の売り個体数は直近の半分数くらいになったよう思います。


今後、私的に感じるに、

テスタロッサの相場が劇的に下がるという予想にはならないのですが、


まー、私のようにフェラーリを売りたい側としては、

それなりに値段が高いので誰にも買ってもらえず、

売りたくても売れない状態は続いていくように思います。









.